$$$ SOLD! $$$ 1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ニアミント・コンディション
$$$ASK$$$ 3380グラム



          

極上の59年製#6120が入荷しました。

塗装の色艶も非常に良いニアミント・コンディションです。

フレット、ネジ類を始め、トラスロッド・カバー、ペグ、PAFフィルタートロンPU、PUリング、ストレートバー・ブリッジ、Gアローノブ、スイッチ・チップ、VカットB6ビグスビーとパーツ類はほぼオリジナルですが、他のお抉派オリジナルのゴールド・メッキなのですが3弦ペグだけが何故かニッケル・メッキに交換されています。

各金属パーツ類のメッキの状態を見てもこのギターのコンディションの良さが分かります。

それとピックガードは後年のリプロダクションのモノに交換されているようですね。

肝心なネック・ジョイントは非常にタイトでネック・アングルも問題ありません。

ブリッジ高も稼がれビグスビーとの高低差により弦テンションがしっかりと有りヴィンテージ・グレッチらしい気持ちの良い箱鳴りを生み出しています。

ネックもヴィンテージとしてはほぼ真っ直ぐでトラスロッドの効き幅も十分に残っており、フレットはオリジナルのままですが弦高を低めにセットしてもビビり、音詰まりはありません。

もう一つ言うと、グリップを握った時に感じるネック・バインディングのエッジ感がしっかりと残っているんですねぇ、これは特別に状態の良いギターでないと味わえない部分です。

つまりセルの角部分がダレてないんですね、新品当時のフィーリングが残っているという事なんです、こういうのってちょっとドキドキしますよね。

ボディ内部にはライトタイプのトレッスル・ブレーシングが組み込まれており、箱モノながらソリッド寄りのタイトなヴァイブレーションを生み出しこの年代の#6120ならでのサウンドの拠り所となっています。

アンプを通したサウンドはPAFフィルタートロンならではのキレと厚みのある黄金期のグレッチ・トーンです。

こればかりはヴィンテージでないと出せない音です。

PAFフィルタートロン、トレッスル・ブレーシング、真鍮製の太型ストレートバー・ブリッジ、ビグスビー・トレモロの4つがこのサウンドを形成している重要ポイントですね。

そして何よりも一番大事なのはネック・アングルなんですけれどね。

今回のギターはヴィンテージ・グレッチによく見られるバインディング・トラブルはありません、ミント・コンディションでもトラブルが起きているものは何本も見ているので、今回のギターは非常に状態も良くラッキーとも言えると思います。

この状態のモノはもう本当に出てこないですよ、という事は次回もし出物があったとしても今回よりも高くなってしまうという事なんです、これは間違いありません。

頑張れる人は是非今のうちに。

まずはお店に見に来てください、そして鳴らしてみてください、ワクワクすると思いますよ〜。