1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / ダーク・ブラウン
(税込み)七十五万円 3200グラム



          

64年製テネシアンの入荷です。

色抜けも少なくヴィンテージのテネシアンらしいダーク・ブラウン系のボディ・カラーが魅力です。

塗装状態も非常に良く、艶があり、ウェザーチェックも極僅かです。

ヴィンテージ・グレッチではお決まりのバインディングの劣化トラブルですが、今回のギターは焦げ色になったり、剥落するようなレベルではなく、軽傷な方と言えるでしょう。

ボディとネックのバインディングにそれぞれクラックは見られますが全てタッチアップ処理済みなので安心して使用できます。

パーツ類はフレット打ち替えを除けば、ネジ類、PU、ペグ、ノブ、ピックガード、ブリッジ、ビグスビーとフル・オリジナルです。

但し、ペグは一度他のモノに替えられていた形跡が認められ(留めネジ跡から恐らくグローバーのロトマチックだと思います)、現在はオリジナルのヴァンジェントに戻されています(ネジ跡は分からない様に綺麗に埋め戻されほぼ隠れており、ペグシャフト・ホールはヘッドフェイス側までは穴径が拡大されておらずオリジナルブッシュがきれいに収まっています)。

グレッチのヴィンテージではもはや当たり前のピックガード・クラックも留めネジ部分のみで、完全に割れてしまっている様な状況では無く十分使用に耐えられるコンディションです。

シングル・コイルのハイロートロンPUのフェィスカバーには「Gロゴ」のシルクスクリーン・プリントも綺麗に残っており、このギターの状態の良さを証明していますね。

PUカバー、ヴァンジェントのオープンバック・ペグ、ストレートバー・ブリッジ、Gアロー・ノブ、Vカット仕様のB6ビグスビー、といった金属パーツもくすみ無く非常に良好なコンディションです。

プリント「f」ホールの白縁の白さも特別に際立っている気がします。

普通はもっと黄ばんだりくすんでいるものですが、こういうところにもこのギターのコンディションの良さが窺われます。

ヴィンテージ・グレッチ・ギターの肝ともいえるネック・アングルも良好なのでブリッジ高も有り、弦テンションがしっかりと稼がれており、ネックも真っ直ぐなので弦高を低めにセットしてもビビり、音詰まりは感じられません。

このギターの特筆点としては「生鳴り」が良いです、チューニングして鳴らしてみたところ非常にしっかりしているというか、、、特別に良い感じがあります。

ローコードを鳴らした時のコードのうねりが深い印象ですし、ジャキーン!のキレが特別な気がするんですよね。

ボディから身体に伝わる振動と、グリップ裏から受ける感触にワンランク上のキレを感じます。

理由は分かりません、ネック・アングルが良いのは確かですが、それだけではないと思います。

トラスロッドの効き幅も十分にあるので、気候の変化や弦ゲージの変更による対応にも問題はありません。

アンプを通したサウンドもピックアップの出力があるというか、磁力が活きている感じで元気があり、黄金期の極上グレッチ・トーンを味わえます。

シングル・コイルらしいエッジの立ったキレのあるトーンでありながら、ヴィンテージらしいサウンドの暖かみが感じられます。

グレッチのヴィンテージ・ギターは生鳴りのホロー・ボディ感のある鳴り方と、アンプを通した時のロックなサウンドとのギャップの大きさが面白いですよね。

どっちのサウンドも弾いていて気持ち良いんですよ〜。

色々弾いてみると分かるのですが、グレッチの場合は同じ年式の同じモデルであっても個性というか、大分サウンドが違います。

まぁ、グリップ・シェイプからして個体差が大きいですからね。

これは実際に弾いて体験してみないと理解できない感動ですね。

是非、当店に足をお運び頂きお試しください。

試奏までは無料ですからお気軽に声を掛けてください。

お値段についてはもちろん状態次第なのですが、当店での扱いは今後はこの位になっていくと思います、ご了承ください。

現地での相場の値上がりもさることながら、世界情勢を起因とした極端な円安の影響は避けられません。

幸いテネシアンはビートルズの影響により当時の生産量が多いモデルなのでタマ数はいっぱいあります。

しかしながら「良いヤツ」は中々お目に掛かれません、ネック状態、バインディング状態、塗装状態、、、安く買えるモノはあるのですが酷いのが多いです。

楽器としてちゃんとしていることは勿論、年式、バインディング、塗装艶、更にボディトップの色味までこだわって探してしまうと、どうしてもお値段が高いネタしか選択肢が残りません、、、すみません。

みんな欲しいヤツは一緒ですからねぇ〜。

今回のヤツはすごく良いですよ。