※※※ 新入荷ファースト・セール!期間限定、なんとなんと予定販売価格より20%オフ! ※※※ 1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / フレーム・トップ
(予定売価:税込み二百五十万円)⇒二百万円 3300グラム



          

極上コンディションの#59年製#6120の入荷です。

コイツは良いですよ〜!

非常に塗装の艶があり、オレンジ・カラーの色が褪色なく濃く残っていて、ゴージャスなルックスの一本です。

ボディ・トップ&バック共にバリトラとまではいきませんが、程よいフレームが出ていてとても良い感じです。

決して角度をつけないと木目が浮かび上がらないというレベルではなく、しっかりとした50sらしいカーリー・フレーム・メイプルです。

パーツ類はヴィンテージ・サイズのリフレット以外は、PAF刻印のフィルタートロン、オープン・バック・ペグ、Gアロー・ノブ、Vカット・ビグスビー、ストレート・バー・ブリッジ、チェット・アトキンス・シグネーチャー・ピックガード、と全てオリジナルです。

ヴィンテージ・グレッチ・ギターでは良く見られることですが、ここまでギターの状態が良いとピックガードのクラックすら惜しく感じられますね〜。

そしてこのギター、ルックスだけでなく生鳴りが堪らんのですよ!

鳴るんです。

乾いた鳴りなんですが、楽器が活きてる〜、という感じなんですよね。

特にローの鳴りが深く、コードの厚みも豊かで、共に感動できるレベルなんです。

こればっかりは触ってもらわないと言葉では伝えきれないですよね。

とにかく、「抜群に良い」んですよ、ヴィンテージの中でも特に「アタリ」のギターですね。

ネック・ジョイントは非常にタイトで角度も良好なので、ビグスビー・ユニットとストレート・バー・ブリッジの角度が十分にあり、しっかりとした弦テンションがこの極上の箱鳴りを産み出しています。

59年製なので当然トレッスル・ブレース構造なのですが、このギターは表板と裏板に対しての突っ張り具合が良いんですかね、鳴らした時のダイレクト感がガツン!としていながらも決して硬過ぎない、ちょっと特別な印象を受けます。

フレット山も十分にあり、ネックもほぼ真っ直ぐで、弦高は12フレット上で1弦側で約1.5ミリ、6弦側で約1.8ミリにセットした状態でビビり、音詰まりも無くバッチリです。

グリップ側のダブル・ラインも最高にカッコいいですよね。

アンプを通したサウンドも、フィルタートロンPUの厚みのあるリッチなトーンが最高です。

コードを弾いた時の厚みと煌びやかさ、低域の音の太さ、単純に枯れたトーンというのではなく元気が良いというか、活きが良い感じなんですよね。

もう一度言いますが、色味、フレーム共にたまらんルックスですよね〜!

ルックス、サウンド共に間違いなく「一生モノ」のお宝です。

いやぁ、これはこの機会に絶対いっとくべき一本じゃないですか!?

ローン、トレード、下取り、大歓迎ですよ〜。