$$$ SO L D ! $$$ ※※※ 新入荷ファースト・セール!期間限定、なんとなんと予定販売価格よりこのギターだけ 「特別に、30%オフ!」 ※※※ 1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / プレイヤーズ・コンディション
(予定売価:税込み百二十万円)⇒税込み八十四万円 3300グラム



          

超〜お買い得な59年製#6120が入荷しましたよ!

一番人気の59年製の#6120で、この価格は2度と出せません。

軽いウェザーチェックは見られるものの、塗装はオリジナルで艶もあり、良い感じのウエスタン・オレンジです。

ボディ厚はミディアム(約6.4ミリ)で、ボディ内部構造はライト・ブレーシングです。

ネック裏のダブル・ラインがカッコイイですよね。

超〜お買い得な理由ですが、ネックヒールのクラック・リペア痕があります。

勿論しっかりと修理されているので今後の使用に於いての不安はありません。

同時にネックアングルも非常に良好にセットされている為、ブリッジ高も十分にあり、ビグスビー・ユニットとブリッジの角度差が稼がれているので、弦テンションもしっかりとあり、箱鳴りもバッチリです。

フレットはヴィンテージ・サイズでリフレット済みで、十分に山の高さも残っていて、弦高は12フレット上で1弦側で約1.5ミリ、6弦側で約1.7ミリと低めにセット出来ており、この状態でビビり、音詰まりはありません。

パーツ・スペックはペグがオリジナルのオープン・バックからシュパーゼルのロック・タイプ(マット・シルバー)に交換されているので、チューニングの精度も流行りの言葉で言うならば「安心・安全」です。

ピックアップはオリジナルの「PAT. APPLIED FOR」刻印のフィルタートロンです。

配線材は劣化があった為か、新しい材に全て交換されているので、サウンドの抜けも「活きている」という印象です。

それに併せて、ポット、セレクター・スイッチもそれぞれ交換されています。

その他、「Gアロー・ノブ」、「セレクターSWチップ」、「ビグスビー・ユニット」はヴィンテージのオリジナルです。

ブリッジはご覧の通り、チューン0マチック・タイプのモノに交換済みです。

ネジ類もしっかり「マイナス・ヘッド」が残されていますね、サウンドには何の影響も無いですが、コレだけで何となくカッコいいですよね。

トレッスル・ブレーシング構造による箱鳴りは音の芯がしっかりとしたサウンドで、特にアンプを通した時にその効果が最大限に発揮されます。

ハムバッカー構造のフィルタートロン・ピックアップはサウンドの厚み、艶といった部分に魅力がありますが、ホロー・ボディ構造のギターに載せるとややマイルド過ぎてしまう傾向にあります。

そこにトレッスル・ブレーシングというサウンド・ポスト・システムを導入する事により、ブリッジを通して表板に伝わる弦振動をダイレクトに裏板に伝えることが出来、ホロー・ボディながら楽器全体にソリッド感を産み出すという効果が表れています。

大雑把に言うと、完全なフルアコ構造だとジャズ向き、トレッスル・ブレース構造だとロック、カントリー向きという傾向があると思います。

リフレット、ペグ、ブリッジ、ネックヒール、電機系配線は実用に向けて全てメンテ済み。

塗装はオリジナル、そしてサウンド面で一番肝心のトレッスル・ブレース構造とPAFフィルタートロンPUはもちろんオリジナル。

所謂ヴィンテージ的な価値は一段落ちますが、大事なサウンド面とプレイアビリティは一つも損なわれていない極上「プレイヤーズ・コンディション」の59年製#6120です。

オマケに、ボディ・トップ&バック共に薄っすらトラ目も出てるんですよ、ゴージャス!

早い者勝ち、このプライスはもう出せませんからね〜!!