1963 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / バーガンディ! ニア・ミント!!
(税込み)六十九万八千円 3180グラム



          

極上コンディションの63年製テネシアンが再入荷!

塗装の艶感も素晴らしいバーガンディ・カラーで自信を持ってお勧めできるコレクターズ・クオリティの1本です。

ヘッド・フェイスはブラック・フィニッシュでメタル・プレート無し、50sスタイル・ラージ・トラスロッド・カバー、オープン・バックの丸ペグ、白縁fホール、50年代型ファット・バー・ブリッジ、ピックアップは勿論ハイロ―トロンという60年代テネシアンのベスト・スペックです。

コレクター放出品なのでネックもほぼ真っ直ぐ、ネックや指板に使用感は無いのですがフレットはヴィンテージ・サイズのオーバー・バインディングで打ち替えられており演奏性は抜群です。

ボディ・ネックのバインディングも色焼けが非常に少ない白味の感じられるコンディションでクラックは全く無いという奇跡のコンディションです!

一か所だけネジ留め部に短いクラックがありますが、ピックガードの状態も抜群に良いですね。

ネック・ジョイントも非常にしっかりとしており、アングルも良いのでブリッジ高に反映され、ビグスビーユニットとの角度差を稼ぎ出し、結果十分な弦テンションが生まれ、クローズド・サウンドホールの「エレクトロトーン・ボディ」ながら箱モノらしさをしっかりと感じられる生鳴りです。

ブリッジ・サドル、Gアローノブ、スイッチ・チップ、PUカバー、オープンバック・ペグといった金属パーツのコンディションも素晴らしく、クローム・メッキがピッカピカに輝いています。

ハイロ―トロンPUのブラック・フェイス・カバーに印刷されたゴールド・シルクスクリーンの「G」ロゴも擦れも少なく良い状態で残っておりこのギターのコンディションを象徴しています。

アンプを通したサウンドでも十分にパワーがあり、シングル・コイルのハイロ―トロンらしいエッジ感のあるジャキ!っとしたサウンドでありながら箱モノらしい厚みも感じられ、薄胴ボディのクローズド・サウンド・ホール故にフィードバック耐性も高いというイメージ通り、テネシアンの一番「オイシイ」あのサウンドです。

元々はチェット・アトキンスのシグネーチャー・モデルである、「#6122 カントリー・ジェントルマン」、「#6120 ナッシュビル」、「#6119 テネシアン」というラインナップの一番下のグレードとして発売されていたのですが、上位2機種の様な「ミュート・マフラー」組み込みによるボディ裏の大穴を開けられなかった為、結果として楽器として一番鳴りがちゃんとしているという非常に幸運なモデルでもあります。

近年は状態の良いモノは特に人気が高くなり、見つけるのが難しくなってきていてヴィンテージ・ギターのコレクター・ルートでも扱う人が増えてきているように感じられます。

当時の生産量は多かったモデルではありますが、ベスト・スペックでこれだけ状態の良いテネシアンは簡単には出てきませんよ〜!

オリジナル・シルバー・ケースの状態もかなり綺麗です。

委託お預かり品につきセール対象外ながら、特別大特価!これはチャンスですよ。

憧れのバーガンディ・カラーのテネシアン、是非、是非この機会に!