1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス・テネシアン / ライト・ブラウン
(税込み)六十九万八千円 3240グラム



          

自信を持ってお勧めできる極上テネシアンの入荷です。

当店で扱うテネシアンとしてはやや抜け気味のボディ・カラーなのですが、めちゃくちゃ状態が良い1964年製テネシアンです。

ボディ、ネックのバインディングは60年代のヴィンテージ・グレッチお決まりのクラックが多数ありますが、崩壊、剥落するようなレベルではなく、ひび割れ部分は全てタッチアップ済ですので安心して使用できるコンディションです。

このギターのコンディションの良さを表しているのは塗装状態の艶、完璧な状態を保っているピックアップ・フェイスの「Gロゴ」プリント、金属パーツの輝き具合、指板状態、これらの点に於いては間違いなくニア・ミント・コンディションです。

バインディングに関してはこの年代のグレッチ・ギターの宿命なので、もうこれは仕方ありません、過去に何度も美しいバーガンディ・カラーの残っているテネシアンでバインディングのみボロボロに剥げ落ちている様なモノも遭遇しています。

今回のギターのバインディングは触るのが怖いという様なレベルではないので全く心配は要りません。

ボディ・トップの塗装の色抜けについては、、、これも仕方ありませんね。

ケースに入れて蓋だけ開けて保管していた期間が長かったとか、店舗のショー・ウインドウの陽の当たる通り面にボディ表が向いた状態で長く展示されていた、とか理由は色々考えられますが、この現象はレスポールでもストラトでも見られます。

ありますよね、63年製の3トーン・サンバーストのストラトで裏は綺麗な3トーン・サンバーストが残っているのに、表だけ赤味が褪色して2トーン・サンバーストになってしまっているヤツ。

ヴィンテージ・ギターの塗料というのは赤系が褪色しやすいという共通点がありますね。

今回のテネシアンもやはりボディ裏の方が赤味がしっかりと残っています、元のカラーはカタログ上「ダーク・チェリー・レッド」と表記されているので本来は更に暗めの濃い、ブラウン掛かったチェリー・レッドで、一般には「バーガンディ」と称されています。

しかし、よほど状態が良くない限り「バーガンディ」カラーのテネシアンというのは巡り合う事ができません。

楽器としての性能、サウンドには全く影響ない部分なんですけどね。

もっと色が抜けて、ナチュラル・フィニッシュの様になってしまっているモノもあるぐらいです。

今回のギター強力にお勧めする理由はですね、ズバリ「箱鳴り」です!

もちろんヴィンテージらしい乾いた深い鳴りなのですが、それ以上に特別に「ビシッ!」としている、という印象を受けたんです。

入荷したギターを調整しセットアップし、最後にチューニングがピタッと合った状態になった時にギターとして「収まった」という頷くような感覚を毎回持つものなのですが、このギターは久し振りに特別に良い感覚を受けました、「大アタリ」というんですかね。

他のギターも勿論「収まった」瞬間に感動があるのですが、今回のテネシアンは思わず「おお〜っ!」という声が出てしまいました。

決してセール・ストークとして述べている訳ではありませんが、こればかりは個々人の感性もあるのでとにかく触って感じてもらうしかない部分なのですが。

スペックについて説明すると、翌年にヘッドにメタル・プレートが取り付けられる前の仕様で、前年からはfホールには白い縁取りが導入されており、更には翌年から細型のスチール製ストレート・バー・ブリッジが導入される直前で50年代タイプの太型のブラス製ストレート・バー・ブリッジが搭載されている、と色々見てゆくと実はこの時代の同じスペックというのはそんなに長く続いていないんですよね。

実はこの太型の真鍮製のストレート・バー・ブリッジというのがサウンドの肝の1つとなっていて、ブラス製の太いサドルはサウンドが太くなり、後年の細型のスチール製サドルはサウンドが硬くよりエッジが立つという印象があります。

ブリッジ・サドルというのはピックアップと同じくらいサウンドの構成要素としてとても影響力の大きい大事なパーツなんですよね。

ネック・ジョイントも非常にしっかりとしており、ネック角度も良い事からブリッジにも十分な高さがあり、ビグスビーとブリッジの角度差が稼がれていることにより必要な弦テンションが得られ、極上の箱鳴りが生み出されています。

まるで新品の様なコンディションのハイロ―トロン・ピックアップはシングル・コイルらしいエッジの立ったキレの良いサウンドでありながら箱モノらしい厚みを兼ね備えたグレッチの黄金期の代表的なトーンです。

やはりピックアップの状態が良いと、サウンドも元気なんですよ、サウンドが痩せた感じや線の細さというのは全く感じられません。

ナットは交換されていますが、フレットはオリジナルで十分に山も残っています。

楽器としてとても良いテネシアンです、もう一度言います、「強力お勧め!」の一本ですよ〜。

今ならヴィンテージ・テネシアンを弾き較べて選ぶことが出来ますよ、是非!