1956 グレッチ #6136 ホワイト・ファルコン
$$$ASK$$$ 



          

現在、写真撮影中。

久し振りに縦ロゴ・ファルコンの入荷です!

バーチカル・ヘッド・ロゴ、フェザー・モチーフ・インレイ指板、ファルコン・モチーフ・ピックガード、ディアルモンド社のダイナソニック・ピックアップ、メリタ社のシンクロ・ソニック・ブリッジ、ジュエル・ノブ、そしてキャデラックGテイルピース、という黄金のベスト・スペックですね。

グレッチといえば!
「Gブランド、ウエスタン・モチーフ・インレイ、フィックスド・アームの#6120チェット・アトキンス・ホロー・ボディ」

「縦ロゴ・フェザー・モチーフ・インレイ、キャデラック・テイルピースの#6136ホ
ワイト・ファルコン」
どちらでしょうね〜。

フィルタートロンの#6120ももちろん最高ですが、どれか一つグレッチ・ギターのイメージ・モデルを思い浮かべるとなると、やはりウエスタンの#6120か縦ロゴのファルコンですよね〜。

憧れ中の憧れ、夢のスペックですよね。

ゴールドのスパークル・バインディングとゴールド・パーツに彩られたホワイト・フィニッシュのゴージャス過ぎるギター、こんなものが50年代に作られているんですよ、信じられませんよね。

いやぁ、美しいですよねぇ、、、

何と言っても最大の特徴はゴールド・スパークルのウイングで彩られた縦文字の「GRETSCH」ロゴですよ!

カッコ良すぎます。

60年代のホワイト・ファルコンは当店もあまり本数を見ていないので全てとは言い切る確証がないのですが。少なくとも50年代のホワイト・ファルコンは縦ロゴ、Tルーフ・ロゴの区別無くヘッドピースが真っ白で色焼けが無いのが特徴です。

知らない人が見ると、ボディ、ネックはヴィンテージらしく黄ばんでクリーム色掛かった色に焼けているのに、ヘッドピースだけリフィニッシュしているから真っ白なのだ、と勘違いされるかもしれません。

少なくとも50年代のホワイト・ファルコンはヘッドピースが塗装ではなくてホワイトのプラスチック板を貼っているんですね。

恐らく、シルバージェット等にも使われているグレッチ社のドラムの「側貼り」用の通称「ニトロン」と呼ばれる薄い樹脂素材だと思います。

その為、経年変化によってクリーム色になったボディと、経年変化による色焼けを起こさないホワイトのヘッドストックというコントラストが生じることとなっています。

そのホワイト樹脂材のヘッドピースにいかにも手作業で切り欠き組み込んだゴールド・スパークルのゴールド・ウイングとGRETSCHロゴ、よく見てください、下手くそでしょ〜?

ピッタリ切り書いてないんですよ、大きく抜いておいてスパークル・ロゴとの隙間はパテ埋めで調整しているという、、、。

現在のカスタム・ショップに限らずレギュラー製品も完璧ですよ、もっとキッチリしてます。

でもこの粗さが良いんですよ、存在感があるんですね。

ロゴの太さとか「T」の横棒の長さとか、毎回違うんですよ、人の顔と同じで一本一本に個性があるんですね。

ヘッドの大きさや形状の細かい部分まで毎回違ってますから。

現代のギターの様にコンマ何ミリまで指定された図面があってそれをコンピューター入力して機械が寸分の狂いも無く完璧に切り出してゆく、というのとは全く違います。

現代のギターもカリフォルニアのカスタム・ショップに限らず、生産を請け負っている愛知の寺田楽器工場においても切り出しを除けば組み込み、調整に至るまで完璧にハンドメイドです。

しかし昔の工場はもっとハンドメイドというか、、、精度差で人の手に委ねられる部分が非常に大きいんですね。

そこで一本一本の個体差が大きくなってくるという。

あくまでもロゴや、コントロールレイアウトの細かい位置の話であって、楽器としての悪い意味での生産ムラは少ないと思います。

少なくとも工場出荷段階に於いては。

現在ヴィンテージと呼ばれているギターは工場出荷後、50年、60年を経ているのでそれによる経年劣化にも個体差が大きいので一概にヴィンテージ・グレッチは作りが悪いというのは間違いです。

ちゃんとしているものもいっぱい残っています、元々はちゃんと作られていますからね。

さて話が逸れましたが、ヘッドストック1つ見てもうっとり見惚れてしまうデザインですよね、グローバーのステア・ステップ・ボタンのインペリアル・ペグが実にお似合いじゃないですか。

ヘッドストックのデザインだけで言えば、「カウ・インレイ・ヘッドの#6120」よりも「縦ロゴのファルコン」ですよね、もうこれは間違いない。

最上級フラッグシップ・モデルとしてのスペシャル感が半端ないですよ。

そして指板のハンプトップ・シェイプの白蝶貝インレイに刻まれた羽根デザインの通称「フェザー・モチーフ」デザインが秀逸ですよね。

そういえば当店もお店のロゴにはこのフェザー・モチーフをパクらせて頂きました、、、いえリスペクトって言うんですかね?オマージュとかいう言葉もありますけれど。

憧れと敬意ですよ。
この指板インレイに刻まれた7個のフェザー・モチーフは全て手作業だと思われます、細かく違うんですよ毎回、もちろん基本的なデザインは統一されていますけれどね。

ニードルの様なもので刻んでいるのでしょう。

多分その作業を一日中やっている専門の職人さんがいたんでしょうね。ウエスタン・モチーフとフェザー・モチーフと、更にはカウヘッドをひたすらに。

推測ですが、おそらくヘッドの「GRETSCH」ロゴ・インレイのヘッド化粧板への組み込み作業も同じ人がやっていたのではないでしょうか、その職人さんが一人とは限りませんけれど。

指板インレイについてはもう一つ秘密があるのですが、それはまたどこかの機会で公開することにしましょう。

このファルコンに使われているインレイは白蝶貝なので#6120のパーロイドの様なセル素材と較べるとギラつきが違うんです、ギラギラと虹色に反射するんですねぇ、、、ちょっとしたところまで美しく作られているんです。

ヘッド・ロゴの隙間はパテで埋めちゃうくせに、、、。

指板材も#6120のハカランダ材に対して、#6136ことホワイト・ファルコンはエボニー材ですよ、いかにも高級ギターという感じですよね、またこれが、見るからに良さそうな黒檀材なんですよ〜。

真っ黒な指板材にギラつくフェザー・モチーフ・インレイ。

それをゴールド・スパークルと白黒の多層バインディングで縁取っているという、、、。








今回の超お宝ギターは、実はアメリカのコレクター氏からの委託品なんです。

お恥ずかしい話、先方の言い値があまりに高過ぎて仕入れられませんでした。。。

コレクター氏はこのスペックで完璧なホワイト・ファルコンはもう出てこないから、お前を信用して預けるんでこれだけの値段で売ってくれ!と託された次第です。

このギターに限りお値段は「$$$ ASK $$$」でHP上では伏せさせて頂きます。

決して安くはないので値段を聞く覚悟を決めてお電話を頂いた方にのみお伝えしています。

ただ、タマ数が全く無いスペックのモデルなので、いわゆる相場観の様なものは有って無いようなものなのですが、現在アメリカでは出てくれば言った者勝ちのような感じで、このぐらいの金額で伝えられているのが現状です。

お店に来て頂ければ現物をご覧いただくことが出来ます、中々拝めるギターではないのでぜひぜひ遊びに来てください。