1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ミント・コンディション! ※※※ 超特別値引きプラン有り!!※※※
二百九十八万円 3200グラム



          

コレクター・ルートから極上ミント・コンディションの59年製#6120が入荷です!

これだけのコンディションはもうアメリカでもお店レベルでは見ることが出来ません。

どうしてもコレクター頼りになる為、お値段の方は簡単ではありません。

が、このクラスが売り物に出てくるだけでも本当にありがたいことなのですよ。

ややマイルドですが、角度を付けて見るとトラ目も結構出ています。

塗装状態はウェザーチェックも無く、色味も光沢感もしっかりと残っている素晴らしいコンディションです。

ピックガードを外してみても、色焼けの残り跡がほとんど感じられないので、元々この色だったのでしょう、良い感じのウエスタン・オレンジですよね。

パーツ類はフレットを含めて全てオリジナルで、「P.A.F.」刻印のフィルタートロン・ピックアップのカバーもメッキのゴールドが十分に残っています。

金属パーツのくすみも無く、ビグスビー・ユニットやストレート・バー・ブリッジもご覧の通りピッカピカの状態ですよ。

本当に完璧な状態のギターなのでピックガードにある僅かなクラック・ラインが惜しまれる程です。

ボディ、ネックのバインディングもクラック一つ無い完璧な状態です。

木部についても、肝心のネックジョイントは隙間も無くタイトな状態をキープしており、ネック・アングルも非常に良好なのでブリッジ高も十分にあり、弦テンションが掛かっているのでしっかりと箱が鳴っています。

もちろんネックはほぼ真っ直ぐでビビり、音詰まりも無く、弦高もかなり低めに設定できており、非常に弾き易いネック・コンディションです。

箱鳴りも素晴らしく、ヴィンテージらしい非常によく乾いた深みのある振動で楽器全体が鳴っています。

箱だけでなく、ネックを握った時にグリップから掌に伝わってくる振動がまた良いんですよ、最近のギターでもその振動を感じ取ることはできますが、ヴィンテージの振動は深みが違います、こればかりは体感したことがある人でないと共感してもらえないでしょうねぇ。

試奏までは無料なので、是非お店に遊びに来ていただいて触ってその感動を味わってください。

更にアンプを通した時にもヴィンテージならではの厚みのあるサウンドで最近のギターでは遠く及ばない黄金期のグレッチ・サウンドが愉しめます。

言葉で表現するのは難しいですが、ヴィンテージの枯れた箱ならではの暖かみと、ヴィンテージの磁力のあまり落ちていない状態の良いPAFフィルタートロンのキレと厚みのあるトーンはヴィンテージでないと体感できないものです。

そしてfホール内のラベルのシリアル・ナンバーを見るとなんと!あの有名なフレーム・トップ#6120、通称「スティーブ・ミラー」から僅か6番違いですよ。

恐らく1959年のグレッチ社のギター・ファクトリーの製造ラインではあのギターと一緒に並んで作られていたであろうことを想像するだけでファンの方は嬉しくなっちゃいますよね。

しかもそんなギターが完璧なミント・コンディションですよ!

このクオリティのギターは最早コレクター頼みで探すしか見つけることが出来ない状況です。

多分これからまだ価格的にも厳しくなってゆくと思われますのでレスポールやカスタム・カラー・ストラトのような状況になる前に、手に入れちゃいましょう!




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、タイトルにある「超特別値引きプラン」ですが、実はこのギターはコレクターさんからの委託品でして、、、。

そのコレクターさんからのご厚意で「もしピックガードが要らない」という方に限りピックガードを外した状態で販売させて頂き、その分なんと「¥500,000」!の超特別お値引きにて販売させて頂きます。

つまり販売価格¥2,480,000となります。

それでもまだ高額ではありますが、このギターのクオリティを考えると魅力的ですよね。

ヴィンテージの#6120のピックガード、探して簡単に出てくるものではありませんがさすがに¥500,000はしないですよ。

レスポールなどにも見られますが、ミュージシャンの影響により#6120でもピックガードを外して使う方も多いですから、これは結構オイシイ提案ではないでしょうか!?