1957 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホロー・ボディ ハンプトップ・インレイ
※※※ 「開店20周年記念・感謝セール」 ここから20% off ⇒百六万円 3040グラム



          

1957年製、ハンプトップ・インレイ仕様の#6120チェット・アトキンス・ホローボディです。

シングル・コイルのダイナソニックPUを2基搭載し、Gブランドが無くなった後の一番シンプルな仕様が密かに人気のモデルです。

美しいデザインですよね〜、見惚れるカッコ良さです。

エルボー部周辺の演奏による塗装擦れと、ボディ全体にヴィンテージらしいウェザー・チェックなどは見られますが褪色も少なく非常に良い塗装状態で、イメージ通りの美しいウエスタン・オレンジですね。

ネック裏の演奏による塗装擦れも比較的少なく、よく見られるラージ・ヘッドの両脇の耳貼り部分の剥離も一度開いたものを丁寧に再接着してあるようで隙間なく綺麗に仕上げられています。

ナットはオリジナルのクロムメッキ仕上げのブラス・ナットから牛骨ナットに交換され、フレットはヴィンテージ・サイズでリフレットされ、ブリッジは年代の違うヴィンテージ・パーツを組み合わせられているようですが、それ以外のパーツ類は全てオリジナルです。

ネック・ジョイント、アングル共に非常にしっかりしているので、ブリッジ高がありながら弦高は低く演奏性は非常に良好で、トレッスル・ブレーシングが組み込まれていないフルアコ構造のボディの箱鳴りは抜群です。

2 3/4インチというディープ・ボディ仕様なので厚みがあり、箱モノながらソリッド感のあるフィルタートロン・モデルと違って、フルアコ構造のディアルモンド・モデルはややメロウでアコースティック感が強いリッチな箱鳴り、というのが特徴ですね。

ネックの方はと言えば、チョコレート・ブラウンの木目が美しいハカランダ指板に大型のハンプトップ・インレイという組み合わせがシンプルでカッコいいですよね。

ホースシュー・インレイのラージ・ヘッドというのも全体のバランスが美しいと思います。

アンプを通したサウンドはシングル・コイルでありながらローの太さが特徴のディアルモンド社製のダイナソニックPUが前面に出て、リッチな箱の生鳴りからは想像できない輪郭のくっきりとしたガツンとした厚みのあるサウンドです。

60年代のグレッチ社のオリジナルPUであるハイロ―トロンと比べると同じシングル・コイルでありながら磁力が非常に強く、音の太さがまるで違う迫力のあるトーンでグレッチ黄金期のベスト・サウンドが体感できます。

スイッチ・レイアウトはセレクター・スイッチがPUセレクター1発だけとシンプルなので、後年にプリセット・トーン・セレクターとが並列されるフィルター・トロン・モデルよりも使い易いですよね。

その分、トーン・セレクターは回転ノブでPUコントロール・ノブと並んでいてこちらの方がやはり実用的だと思うんですけどね、なんで後年プリセット・トーンが標準になっちゃったんですかねぇ、、、。

ペグはオリジナルのオープン・バックですがビグスビーをかけてもチューニングも安定しており、薄めのグリップで演奏性が良く、特に箱鳴りが素晴らしい、現役感のあるお薦めの一本です。