1960 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / ウルトラ・ワイルド・フレーム・トップ !
※※※ 「開店20周年記念・感謝セール」 ここから20% off ⇒二百九十八万円 3320グラム



          

最強のワイルド・フレームが入荷しました!

見てください!文句なしに歴代No.1の強烈なウルトラ・フレームです。

ネック裏は弾き込まれ塗装が剥がれていますが、木地がむき出しのグリップ・フィーリングは演奏性も抜群で楽器としての鳴りも最高です。

ボディ側の塗装は表・裏共に大きなバックル傷やエルボー部分の塗装擦れなども無く、美しい艶がある良好なコンディションです。

シリアル的にも59年と60年の端境期なのでフィルタートロンPUのカバー刻印も「PAT. APPLIED FOR」の所謂PAFタイプです。

ネック部のバインディングにクラックが見られますが全て補修済みです、ボディ外周部のバインディングはカッタウェイ内側の縦ラインを除いて一切クラックは有りません。

パーツ類はピックガードにクラック補修跡が認められるものの、フレットを含めてフル・オリジナルです。

パーツでサウンドの肝となるストレート・バー・ブリッジも勿論オリジナル、そしてボディ内部にはトレッスル・ブレーシングが組み込まれ、ボディのトップ板とバック板の間に挟まれることでホロー・ボディでありながらソリッド・ボディ寄りの芯のあるサウンドが得られる構造になっています。

最大のサウンドの肝であるネック角度は、ネック・ジョイント部のネック・プラグを見る限り非常に分かり辛いですが一度リセット歴があるようで、現状ネック・ジョイントは非常にタイトでしっかりとしており、安心して使える状態です。

アングルもしっかりとしている為、ブリッジ高、テンション感、弦高、全て問題なく、もちろんビビリや音詰まりもありません。

ボディも3320グラムと軽量で、生鳴りは勿論良好ですが、アンプを通したサウンドはこのルックスの見た目通りの印象のワイルドでありながら繊細さもある黄金期のグレッチ・トーンです!

とにかく今回のギターはこのルックスですよ!

これだけの強烈なカーリー・メイプルの#6120はもう最近は見かけなくなってきました。

日本では今のところタイガー・フレームの方が人気が有りますが、アメリカでは同じコンディションであれば見た目が派手なワイルド・フレームの方が高くなってきていますね。

大概、欲しいと思った時には手を出せない値段になってしまっているものです。

最近のお客さんの傾向として、これまで買ってきたコレクションを買い取りや下取りに出して整理して、憧れの一本にアップグレードする買い方が増えていますよね、気持ちはよ〜く分かります。

当店も下取り大歓迎です、もちろんクレジット・ローンもオッケーです。

当店の20周年記念セールの20%オフでこの機会に是非ゲットしてください!