1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / スーパー・フレーム・トップ & ミント・コンディション !!
※※※ 「開店20周年記念・感謝セール」 ここから20% off ⇒二百九十八万円 3320グラム



          

スーパー・フレーム・トップの59年製#6120です!

極上ニア・ミント・コンディションで入荷しました。

色抜けもほぼ無く艶のある非常に美しいオレンジ・フィニッシュです。

見てくださいよ〜、このフレーム・トップ!

角度によってはとんでもなくトラが浮き上がってくるんですねぇ。

何なんですかねぇ、こういうの見ると何で胸がワクワクしてときめいちゃうんでしょう、、、ヤバいですよねぇ。

同じ感覚の人がいたら、、、多分病気です、ハイ。

とにかく堪らん杢目ですよねぇ、コイツは。

ヴィンテージ・グレッチではよくあることなので仕方ないのですが、ここまで綺麗な個体だとピックガード・クラックが非常に惜しいですねぇ、、、。

もう一点、ネック・ジョイント周辺はコンディションがきれいで非常に分かり辛いのですが、ネック・ジョイント・プラグがタッチアップされているのでネックのリセットもしくは接着剤の流し込みによる再固定処理が行われていると思われます。

これらが無ければ恐らく当店の買い付け時点で百万アップでもおかしくないレベルの超極上コンディションです。

パーツ類はPAFカバーのフィルタートロンPU,Vカット・ビグスビー、ストレート・バー・ブリッジ、もちろん全てオリジナルです。

特にピックアップ・カバーに残っているゴールド・メッキはこのギターのコンディションの良さを証明しています。

クローム・メッキ仕上げのストレート・バー・ブリッジに至ってはもうヤバい位にピッカピカですよ!

PUベゼルとトラスロッド・カバーの留めネジには59年の特徴の一つと言われるマイナス・ヘッドのモノが使われています。

フレットはオリジナルですが、ナットのみ交換されているようですね。

ネック・アングルもしっかりしているので、ブリッジ位置が非常に高いです。

それによりビグスビー・ユニットからブリッジサドルへの弦角度が十分に稼がれ箱をしっかりと鳴らすことが出来る弦テンションが得られています。

その上で弦高も低目でありながら、ビビり音詰まり無く弾ける最高の楽器コンディションです。

ボディ内部に組み込まれているトレッスル・ブレーシングによりホローボディでありながらも、ソリッド感のある箱鳴りが特徴です。

アンプを通したサウンドは生鳴りの印象とは全く違う更にロックなサウンドでブライトで厚みのあるトーンです。

特にこのギターはあまり弾かれていない為かピックアップに磁力が良く残っていて非常に元気なサウンドという印象があります。

でも、ヴィンテージだと決して音が硬過ぎて耳に痛いという事は無いんですよねぇ。

サウンドの厚みと、キレが本当に心地良いんですよ。

とにかく、このサウンドに、この色味と塗装コンディション、そしてゴージャスなフレームトップ、もう最高ですよ、たまりません!

下取り・ローンも大歓迎、まずは見に来てください!