1962 グレッチ #6122 チェット・アトキンス カントリー・ジェントルマン / スモール・ダブル・ミュート!
※※※ 「開店20周年記念・感謝セール」 ここから20% off ⇒百八十五万円 3700グラム



          

今回もアメリカのコレクター・ルートから極上ニア・ミント・コンディションのカントリー・ジェントルマンを譲って頂きました。

今回はスモール・ミュート、通称レバー・ミュートのダブル・ミュート仕様です。

当時のカタログ上におけるグレッチ社の公式な呼称は「ビルトイン・ダブル・マフラー」となっています。

なんかカッコイイ呼び方ですよね。

勿論、フロント・リア共にオリジナルでフィルター・トロンPU仕様です。

ペグは30年代からの流れを汲む伝統の階段型ステアステップ・ボタン仕様のグローバー・インペリアルです。

「白い縁取りの無いペイントfホール」、「ダブル・ミュート」、「ステアステップ・インペリアル・ペグ」、「フロント・リア共にフィルタートロンPU」と、この4条件が揃っている物はジョージ・ハリスン仕様と言うことが出来ます。

でもこのスペックというのは61年後期から63年までの短い時期だけ存在していた仕様で特に人気も高いので中々出てこないんですよね〜。

見つけてもバインディング・トラブルが大変な事になっていたり、ネックが外れかかってアングルが浅くなっていたり。ボディカラーが色抜けして薄茶色になってしまっていたり、、、悲しい場合が多いです。

良いものはもう殆どコレクターの手に収まってしまっているので、そういう伝手を頼って行けばやはり持っている人はちゃんと持っています。

売り物ではないですけれど。

そこを頼み込んで譲っていただくわけですから彼等もかなり強気に来るわけですよ、口にはしませんが「他所で探せるもんなら探してみな」くらいの感じで自信満々なワケです。

なので値段についてはゴメンナサイ、、、。

今回のギターはレバー・ミュート仕様なのでジョージ・ハリスンの2本目のカントリー・ジェントルマンのスペックですね。

62年の後期から63年までの更に短い期間に存在していた仕様という事になります。

64年に入るとダブル・ミュートはスペックとして維持されますが、フロントPUのみポールピース・タイプの「フィルタートロン」に代わりブレード・タイプの「スーパートロン」という新型のピックアップを採用するようになり、グローバーのインペリアル・ペグのツマミもそれまでの「ステアステップ・ボタン」から、通称「キドニー・ボタン」と呼ばれる角の丸い四角形のツマミにリニューアルされて、だいぶ印象が変わってゆきます。

やはりグレッチの本国アメリカや、ビートルズの本国イギリスでは、「ステアステップ」、「2xフィルタートロン」、「ダブル・ミュート」「白縁無しペイントfホール」が揃っているというのはドンズバ・スペックとして扱いの「格」が全然違う様です。

今回のギターですが、気になるバインディング・コンディションは流石コレクター・ルート、クラックが一本も無い完璧な状態です。

それどころかセルの黄変もほとんど感じられない”白い”バインディングです。

勿論セルの巻き直しなどではありませんよ、間違いなくオリジナルです。

塗装も色抜けが無く、ツヤツヤで、濃く、美しい「リッチ・マホガニー」のままでこちらもウェザーチェックすら見られない完璧なコンディションです。

パーツ類についてはジャックのみ交換されている様ですが、それ以外のパーツ類は全てオリジナルです。

この時代のグレッチ・ギターの定番ともいえるピックガードのクラックすらありません。

一つだけ、悩んでしまうのがダブル・ミュートの「ミュート・パッド」です。

これもオリジナルなのですが50年以上経過したゴム・スポンジですので収縮硬化しカチカチです、、、。

これはしっかりとミュート機能を作用させるためにはスポンジを交換するべきなのですが、オリジナルのスポンジは剥がして交換する際に粉々に砕け散ってしまう危険性が高いので一応現状渡しとします。

お買い上げいただく際しお申し付け頂ければスポンジ部分の交換をいたします。

とはいえ、この機能を使って演奏している人、見たことないですけどね、、、。

楽器としてのコンディションについて見てゆくと、

ネック・アングルは良好で、ジョイントも非常にタイトなので、よく見かけるネック・ジョイントが外れかかってアングルが浅くなり弦高が高くなって弾きにくくなる、といった現象は現状からは起こりにくいと思います。

ネック・アングルがしっかりしている為、ブリッジ高も十分でビグスビーからの弦の出位置とブリッジサドル上面に弦が乗るまでの角度差も稼がれている為、しっかりとテンションが掛かっており、演奏時の弦落ち等の心配もありません。

ネックもヴィンテージとしてはほぼ真っ直ぐと言ってよいコンディションで、弦高を12フレット上面で弦の下面まで1弦側で約1.5ミリ、6弦側で約1.8ミリにセットした状態でビビり、音詰まりも無く快適に演奏できています。

箱鳴りは薄胴、ミュート・ユニットの組み込み、fホールの開いていない「エレクトロトーン・ボディ」と呼ばれるクローズド・ホール・ホローボディといった条件から大して鳴らなそうなのですが、意外な程ちゃんとしてます、しっかりヴィンテージ・グレッチの箱鳴りがしてるんですねぇ。

この年代ならではの真鍮製の太めのストレートバー・ブリッジもこのトーンへの影響大だと思います、鳴りに厚みがあるんですよ。

ボディの裏側からお腹に伝わってくる振動、ボディのエルボー部分から右腕に伝わってくる振動、ネック・グリップから左手の掌に伝わってくる振動、どれをとっても間違いなくヴィンテージの鳴りです。

アンプを通したサウンドは、ハムバッカーのフィルタートロンPUらしいリッチで艶とキレのあるグレッチ黄金期のトーンです、これはヴィンテージじゃないと出せない音ですね。

胸のすくような極上のヴィンテージ・グレッチ・トーンです。

ビートルズはフラット・ワウンド弦を張っていたという話も耳にしたことはありますが、今回のギターはアーニーボールの10/46のラウンド・ワウンド弦で調整してのお渡しです。

もし、フラットワウンド弦や、太めのゲージをご希望の方はご自分で使用される弦のセットをお持ちいただければその場で張り替え調整いたします。

普通に探しても出てくることはない「コレクターズ・クオリティ」の完璧なダブル・ミュート・モデル。

コレクションの打ち止め、最後の一本に是非!

家宝になる一本ですよ〜。