1964 グレッチ #6119 チェット・アトキンス テネシアン                       ※※※ 新入荷ファースト・セール! 予定販売価格/七十五万円 ⇒ 期間限定大特価 ※※※
六十八万円 3220グラム



          

極上コンディションの64年製テネシアンが入荷しました。

フル・オリジナルで、色抜けもほとんど感じられないダークチェリー・レッドです。

クリーニングの為にピックガードや、ピックアップ・リングを外し、ビグスビーも起こしましたが色抜けは殆どありませんでした、これって結構すごい事ですよ。

しっかりと残っているハイロー・トロンPUのGマークのゴールドのシルクスクリーン・プリントからも楽器の状態の良さが分かりますね。

塗装面のクリア・コートの艶も非常に美しく、一生モノとして大切に付き合えるクオリティのギターです。

勿論バインディングはノー・トラブルです。

等と、強気に言ってみましたが、実はこれってとてもラッキーな事で、塗装の状態はミント・コンディションでもバインディングはバキバキにヒビ割れてるってパターン、結構多いんですよ。

本当にこの時代のグレッチは油断できないです。

今回の様に、色味がしっかりと残っていて、塗装の艶もバッチリで、リフレット以外パーツはフルオリで、バインディングのクラックが無い、これだけの条件が揃ったテネシアンはもう出てこないですよ。

今回のギターは本当にラッキーなんです。

色が抜けてしまってバインディングがボロボロのテネシアンは見つかりますけど、皆んなが欲しい本当に綺麗なヤツ、こういうのは多分これからもっと値段が上がってしまうと思います。

実際、アメリカのコレクター間では人気のあるモデルの人気のあるスペックに限りヴィンテージ・ギター相場の倍以上の価格で取引されていてお店の仕入れ用としてはとても手が出せなくなってきています。

状態的にはニア・ミント・コンディションと呼べるクオリティでネック裏などを見てもほとんど弾かれた形跡は無いのですが、何故かヴィンテージ・サイズのフレットで打ち直されているようです、ちょっと不思議です、が当然演奏性も抜群に良いわけです。

今回のギターのスペックについて説明すると、ヘッド・ストックにメタル・プレートが取り付けられる以前の64年製、ペグはバンジェントのトライアングル・ボタンです。

その他、グレッチ社ではエレクトロトーン・ボディと呼称しているホロー・ボディながらサウンドホールは開けられていないクローズド・サウンド・ホール仕様のボディにホワイトラインのあるペイント・サウンド・ホールがデザインされています。

「ダミー・ホール」等とも呼ばれサウンド上は全く意味のないものですが、このデザインが有ると無いとでは見た目が全然違ってしまいます、これが無いと間延びしてのっぺらとして凄くカッコ悪いく見えてしまうんですね。

スペックとして、サウンド上で大切なのはこのストレート・バー・ブリッジです。

58年後期から採用されているこのブリッジは、真鍮製で径が太いのが特徴です。

65〜66年頃からは径の細い鉄製のストレート・バー・ブリッジに仕様変更されます。

サウンドの好みは人それぞれなので、どちらが良いということはありませんが、太いタイプはサウンドが太くローがしっかりと出ますが若干トーンが暗めな印象です。

それに対して細いタイプはサウンドがタイトでシャープ、明るめな印象のトーンになります。

このブリッジ1つでサウンドのキャラクターがかなり左右されてしまうんです。

今回のテネシアン、サウンドも良いですよ。

コードを鳴らした時に厚みがあるんですねぇ、シングルコイルということもあり、音の太さよりもタイトなキレが特徴的なテネシアンですが、今回のギターはテネシアンとしてはトーンが太いです。

ロー・コードを鳴らした時に左手や右腕、そしてお腹に伝わってくる楽器全体の震え方がとても心地良い深い鳴り方をしています。

1つには先述のブリッジの相性、そしてネック・ジョイントとネック・セット・アングルがしっかりしていることにより、ブリッジ位置を高くセットすることが出来ている為、これだけのサウンドを産み出せています。

ヴィンテージのグレッチ・ギターに関して言えば特にこのネック・セット・アングルというのが楽器としての肝なワケです。

ちょっと余談になりますが、

ヴィンテージのグレッチは他のメーカーと比べて、生産出荷後にネック・アングルに動きが出てしまうリスクが高い為、ネック・ジョイントが外れかかってネック角が浅くなっている個体は鳴りが悪くなったり、弦高が高くて弾き辛いという現象が現れてくるので、楽器として設計された本来のサウンドや演奏性を取り戻すためには、必要に応じた修理が必要になります。

理想的な状態というのは、「ネック角度が正しい位置に有ること」で、その場合はブリッジを正しい位置まで上げないと指板上で弦がビビってしまう事になるわけです。

正しい位置にブリッジを上げることで、ビグスビーの弦の出位置からブリッジサドルへの角度がしっかりと確保され、ボディの箱を鳴らすのに十分な弦張力を掛けることが出来るようになるわけです。

ネック角が浅いものは、ブリッジを下げきらないと指板上の弦高が高くて弾き辛い為、ビグスビーからブリッジへの弦角度も浅くなり、必要な弦テンションが得られずブリッジからの弦落ちもしやすくなる為、弦高を犠牲にしてブリッジを必要以上に高く上げるか、ブリッジの弦溝をかなり深く切るという場当たり的な対処をされている場合が多いです。

そしてブリッジをいくら低く下げてもネック角の浅さに起因して弦高が下がりきれず、非常に弾き辛い状態を強いられることになってしまうわけです。

当店ではそのようなコンディションのギターを仕入れることはありませんが、そのような状態のギターはネックの角度修正というリペア作業が必要になるわけです。

今回のギターに話を戻すと、ネック角度バッチリ!鳴りもバッチリ!演奏性もバッチリ!そしてコンディションもバ〜ッチシ!というわけなんです。

もう一度言いますよ、こういうクラスのテネシアン、この値段ではもう出てこないと思います。

是非、是非!

下取り、ローンも大歓迎です。

まずはお店に足を運んで、見て、触ってください。