1959 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホローボディ / スーパー・フレーム・トップ&ミント・コンディション !!
※※※ 「開店20周年記念・感謝セール」 ここから20% off ⇒四百五十万円 3480グラム



          

コレクター・ルートからスーパー・ミント・コンディションの59年製#6120が入荷です!

しかも、スーパー・フレーム・トップです。

どうですか、この鬼トラっぷり!凄まじいでしょ〜!

オリジナルの保証書から、タグなど書類関係、更にはカウボーイ・ストラップまで付属しています!

勿論ケースはミント・コンディションのカウボーイ・ケースです。

塗装の艶も素晴らしいです。

元からオレンジの色味は少し薄めのタイプのようですね、ピックアップ・リングなどを外してみましたが色抜けは殆どしていないようです。

木部への塗面の吸い込みを見ても塗装がどれだけ薄いかがよく分かります。

同時代のギブソンのレスポールや、フェンダーのストラトキャスターよりも確実に薄いですね。

フェンダーのネックの塗装はとても薄い印象がありますが、アレに近いですね。

その影響もあってか、殆ど弾かれていないミント・コンディションにもかかわらず、とても良く鳴っています。

楽器全体の震え方はヴィンテージならではの深みのある、乾いていながらウォームなトーンの響き方です。

ネック・ジョイントは隙間もなくしっかりとしていて、ネック角度も十分で全く不安がありません。

ここが、このギターの極上ヴァイブレーションを生み出している要因ですね。

ネックアングルが深いが故に必然的にブリッジ高が稼がれて、尚且つ指板上の弦高が12フレット上で1弦側1.5ミリ、6弦側1.8ミリと理想的な状態で、ビビり音詰まりもありません。

トラスロッドの調整幅も十分に余裕があります。

アンプを通したサウンドもピックアップの磁力が活きている感じがよく伝わってくる感じで、とても元気な印象です。

アンプのボリュームを通常の位置にしておくとちょっと煩いのでやや絞り気味にしてしまったくらいです。

当時はこんな音をしていたんでしょうね。

ハムバッカー構造のフィルタートロンPUらしいリッチで厚みのあるトーンでありながら、グレッチらしいシャープでキレを併せ持ったグレッチ黄金期の最高のサウンドです。

ルックス良し、演奏性良し、サウンド良し、最高の一本ですよ。

もう、文句無しでしょう、プライス以外は。

お値段はですね、、、勘弁してください。

コレクターに頼み込んで譲ってもらったので、めちゃくちゃ高かったんです。

値段に交渉の余地は無く、「買うか」、「買わないか」の2択しかありませんでした。

でも、こんな凄いギターを売ってもいいと言ってもらえたら、それを逃す手はないでしょう?

「買う」しかなかったんですよ〜。

当面は売れなくても、店の看板としてずっと持っていればいいか、との覚悟で仕入れたものです。

一応値段はつけますけど、ホームページ上では表示しませんので、お電話でお問い合わせ下さい。

お店に来ていただければ触っていただくことも可能ですよ〜。

下取り、ローンも大歓迎です。

「男の60回ローン」行っちゃいましょうか〜!