1955 グレッチ #6120 チェット・アトキンス・ホロー・ボディ 54スペック超初期モデル + カウボーイ・アンプ セット (Page1/2)
五百万円 3100グラム



          

写真2ページ目はこちらから

1955年の初期シリアル、ほとんど現存が確認されていない幻の54年モデルのスペックを持つ#6120です。

しかもほぼ未使用の新品コンディション!

マッチングのカウボーイ・アンプとのセットでの販売です。

このギターは約20年ほど前にアメリカのコレクターに頼みに頼み込んで譲って頂いて、その後グレッチ本などにも掲載された当店の秘蔵コレクションです。

たまに気まぐれでホームページに掲載したこともありましたが、今回久し振りにホームページでご紹介させて頂きます。

#6120は、16インチ・ボディ、1PUモデルのストリームライナーをベースに2PUにバージョンアップし、更にビグスビーを搭載して「ストリームライナー・スペシャル」としてプロト・タイプが作られ、1954年にチェット・アトキンスの最初のシグネチャー・モデル「#6120/チェット・アトキンス・ホローボディ」として正式発表されましたが、現在までに1954年製と確認できる#6120はチェット本人の試作機とアメリカのコレクターが所有しているモノの2本しか確認されていません。

当店秘蔵のグレッチのヴィンテージ・カタログによると1954年の3月のプライスリストにはまだ#6120の名前は見られず、シングルカッタウェイのエレクトリック・ホローボディ・ギターとしてはストリームライナーと、カントリークラブの2機種のみが紹介されており#6120の登場はそれ以降という事になります。

当店のこのギターはそのコレクター所有機に次ぐ古いシリアルナンバーを持つ#6120で、シリアル上は1955年と分類されますが、そのスペックはやや細身の15・5インチのボディ幅、後年の物とは異なるボディ外周部の形状、センター合わせのボディとトップ&バック板、大き目のサウンド・ホール、広めのフロント・リア間のPUピッチ、21フレット仕様、厚目のピックガードに、厚目のブリッジ・ベース・ウッド、細身のGブランドなど後年モデルとは異なるスペックが満載です。

そんな歴史的にも貴重なギターがほぼ未使用の新品コンディション!

これはもう大変なことです。

ディアルモンド社製のダイナソニックPUのゴールド・メッキを見てください、ピッカピカです、こんなの他にありませんよ。

塗装の艶もピッカピカでウェザー・クラックすらありません。

色味もフェイドしているわけではなく、この年代のモノは大体こんな感じのやや薄めのアンバー・オレンジというのが定番で、いわゆる一般的なイメージであるウエスタン・オレンジは55年の後半頃から定着するようになってきます。

ネックジョイント、弦高ともに全く問題は無く、ネック・アングルも非常に良い為、弦テンションもしっかりと掛かっていて箱も良くなっています。

眺めてニンマリ、弾いてウットリの最高のコレクション・ギターです。

ギター・ケースは当時はまだカウボーイ・ケースが発表される前の様でツイード・ケースが付いているのですが、こちらもほぼ新品状態です。

ヴィンテージのツイード・ケースというと大概記事の糸がほつれてベロンベロンになっているものですが感動的なぐらいに見事なミント・コンディションです。

このツイードケースのコンディションを保護するために、ヴィンテージではありませんがカウボーイ・ケース風に白地の布でケース・カバーが作られています、

更に今回は、写真紹介ページの2ページ目でご案内している大型のカウボーイ・アンプとのセット販売とさせて頂きます。

こちらも当店の秘蔵コレクションですが、54スペックのギターと、55〜56スペックのアンプという事で厳密に言えばマッチングしていません、ただこれはギターが初期型過ぎるという理由に依るので勘弁してください、ツイード・アンプとマッチングさせてもカッコ良くないでしょうし。

アンプの方も非常に珍しいもので15インチのメイン・スピーカーに小口径のツイーター・スピーカー組み込まれている大型アンプで正式名称は「#6163W/エレクトロマチック・デラックス/ウエスタン・フィニッシュ」となります。

小型ツイン・スピーカーの「#6189/エレクトロマチック・ツイン」というモデルのウエスタン・フィニッシュ・バージョンは「ラウンドアップ・アンプ」として有名ですが、そちらも非常に珍しくかなり高額になってきています。

小型のラウンドアップ・アンプはフェンダーで言うところのチャンプくらいの位置付けで、今回のデラックス・ウエスタンはより実用的な大口径アンプですが、ほとんど見かけることのないスーパー・レア・モデルです。

それが奇跡的な程のミント・コンディション、ギターとのマッチングとしてはもう最高です。

ギター、アンプ共に所謂クローゼット・クラッシック・コンディションの超お宝セットです。


まずは是非、見に来てください。